SHIRAKIプログラムにできる5つのこと

①自分を知る

私たちの心には「意識」と「無意識」があると言われています。意識は顕在意識ともいわれ、自分で気づくことができている部分です。

無意識は潜在意識ともいわれ、自分では気づいていない部分です。

 

その割合は1対99とも言われ、圧倒的に無意識の領域が大きいのです。つまり私たちは自分のことをほとんど知らず、

無意識によって多くの状態や行動を決定づけられています。

 

SHIRAKIプログラムは独自の手法で安全に無意識にアプローチし、自分を広く深く理解していきます。

 

 

②心を整理する

人間は、成長過程での特定の体験により恐怖症、苦手意識、信念、思い込み、セルフイメージを持ちます。

これらは無意識が「自分自身を守るため」にプログラミングしたものです。

 

私たちの中にはプログラムが無数に存在し、私たちに影響しています。

 

自分自身を守る必要がない』状態を創りだすのがSHIRAKIプログラムの特徴です。

不必要になった思い込みやセルフイメージは自然と整理されていきます。

 

 

③心に多様性を創る

自然界には悪いだけの存在はありません。生態系の中で必ず役割を担っています。

自然は良いものも悪いものもすべてを含んでいて豊かなのです。

 

あなたの「感情」「個性」「能力」も同様です。悪いだけのものは存在せず、必ず役割を果たしています。

ところが私たちは良いものに価値を持ち、悪いものを排除し蓋をします。

 

あなたの持つすべてを一つ一つ丁寧に紐解き、良い悪い無く受容れ、制限から解放し、

心に多様性を実現します。

 

あなたを良い悪いで分けるのではなく、全てを調和させていきます。

 

多様性の実現により、それまで抑え込まれていた「感情」「個性」「能力」が顕在能力として自由に活用できるようになります。

多様性は柔軟性を高め、厳しい状況を乗り越える回復力(レジリエンス)を高めてくれます。

 

 

④感動を体験する

人はなぜ高い山に登るのでしょうか? 

 

若い頃はただ苦しいだけだった山登りやマラソンを年齢を重ねた大人が始めるのは、

苦しさを上回る喜びや感動があるからです。

 

SHIRAKIプログラムは簡単ではありません。人間はそれほど単純なものではないからです。

あなたはあなたが思っている以上の存在です。

 

SHIRAKIプログラムは山登りやマラソンに似ています。コツコツと積み重ねていくものです。

 

しかしそのプロセスで、思いもしなかった自分の気持ちを知り、自分の才能を発見し、これまでの自分や人生が再解釈されていく時、

これまで体験したことのない喜びや感動を味わうでしょう。

 

 

⑤身につく

SHIRAKIプログラムを実践していく過程で、身につく能力があります。

 

・受容力(自己・他者)

・洞察力

・直観力、感性

・向き合う力

・ 突破力

 

寧ろ、これらのチカラが育たなければ①~④の成果も深まっていきません。

 

スポーツであれ将棋であれ、高みに登るには様々な能力の向上が不可欠です。

複合的な能力の向上によってレベルアップし、それに伴い対戦相手が変わってきます。

 

同様にあなたの複合的なチカラの向上が、向き合える「じぶん」のレベルを上げていきます。

どんな自分と対峙できるかは、積み重ねに比例します。