トランジッション・ダイアログとは

自分のあらゆる面を認め、受け入れていくことで、自分の才能を開花させ、能力を発揮していく。自ら気づき、自分で自分の人生を創造的に生きることができるようになるアプローチです。

 

トランジッション・ダイアログにできること

同じようなことが繰り返し起こる、或いは問題が解決したら、また別の問題が発生する、なんかうまくいかない、そんな事はありませんか?

 

出来事はあなたが大切なことに気づくためのサインとして起こります。だから、あなたが気づくまで、出来事は繰り返し起こるのです。

起こる出来事は表面的なことに過ぎず、その根本はあなたの潜在意識下にあります。

 

あなたの潜在的な思いに気づき、立体的に自分を認め受け入れていくことで、あなたの中のバランスが整い、滞っていたエネルギーが動き出します。

 

起きている事象から学ぶべきことを学び得ることにより、あなたとあなた自身の関係性、あなたと周囲の関係性が変わり、あなたが発揮できる能力のバリエーションが広がっていきます。

 

「トランジッション・ダイアログ」とは、自分を最大限に活かせる自分に、自分で自分を整え、選んでいくこと。そのサポートをセッションという自己対話を通じて行います。

 

ピアノはチューニング(調律)しなければ、美しい音色を奏でることはできません。それは、人間も同じ。自分を取り巻く、不安や恐怖、怒り、悲しみといったあなたを曇らせている感情の本質と向き合い、あなた本来の輝きを取り戻していくためのチューニングが必要なタイミング(人生における転機=トランジッション)があります。

 

ピアノの調律師はピアノの音を正しくチューニングする仕事をしますが、白木が行うセッションはいわばピアノにおけるチューニングのようなもの。

 

あなたが置かれている状況、抱えている課題に最適なアプローチができるように、自分だけで行うことが難しい自己との対話、調和(チューニング)をセッションを通して行っていきます。

 

 

 


セッションを受けることで得られる効果

①心のバランスが整い、あなたの人生を貫く中心軸に素直に生きることができるようになる

 

②時代や環境、ライフステージの変化から感じる生きづらさを気づきの機会と捉え、未知の新しい自分を迎え入れ、次のステージに進むことができる

 

③自分の持っているものを最大限生かし活躍するために、問題が起こっている背景とその意味を紐解き、トータルでのバランスを整え、本来のあなたになり、様々な能力を発揮していく。

 

→自分の中にあるのに使えていない能力、否定されてしまった自分など、一見ネガティブに見える要素もすべてあなたの特性であり強み。どんな自分も否定せず認め、受け入れていくことで、あなたの中にあるあらゆる能力を活用できるようにしたていきます。